ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年4月26日
アサヒビール株式会社

「アサヒ贅沢搾り」年間販売目標(※1)を1.5倍となる300万箱(※2)に上方修正
〜最盛期に向けて増産! 5月の生産計画は、当初計画に対し6割増〜

 アサヒビール(株)が3月20日(火)に発売したRTD(※3)の新ブランド「アサヒ贅沢搾り」の販売数量は、昨日4月25日時点で、年間目標の5割となる100万箱を突破しました。この好調な状況を受け、5月の生産計画を、当初計画に対し6割増に引き上げます。また、年間販売目標を200万箱から、5割増となる300万箱へ上方修正します。

(※1)年間販売目標の期間は、発売から2018年12月末までです。以下同じ。
(※2)1箱=250ml×24本換算。以下同じ。
(※3)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。

<アサヒビール(株)茨城工場の生産ライン>の画像

<アサヒビール(株)茨城工場の生産ライン>

 アサヒビール(株)は、「アサヒ贅沢搾り」発売以降、当初想定を上回る需要に応えるべく、生産体制の強化に取り組んでいます。4月中旬には桃果汁の追加空輸を実施し、発売当初<レモン>フレーバーのみを生産していたアサヒ飲料(株)明石工場において、4月以降は<グレープフルーツ><桃>フレーバーの生産も開始しました。今後も最盛期に向けたさらなる需要拡大に応えるべく、アサヒビール(株)茨城工場、アサヒ飲料(株)明石工場を中心とした、盤石な生産体制を目指します。

■「アサヒ贅沢搾り」の好調要因・トピックス

・アサヒビール(株)が発売後4週間に実施した調査(※4)では、「アサヒ贅沢搾り」のブランドイメージとして、「果汁感」「果実感」「果汁のみずみずしさ」などを高く評価いただいています。また、商品特長である、「果実1/2個分以上の果汁」「果汁たっぷり使用」といった“贅沢な缶チューハイ”としてのコンセプトがお客様に受け入れられていることが分かっています。

・同調査における年代・性別調査では、「アサヒ贅沢搾り」の認知率は20代女性が最も高い数値を示し、60%を越えています。また、飲用経験率も認知率同様に最も高い数値となっています。

・発売前に放送したTVCMを含め、計6バリエーションを製作・放映したCMは、明るく楽しそうな雰囲気を評価いただいています。CM総合研究所による2018年4月前期のCM好感度調査では、アルコール業類で第3位、RTDカテゴリーでは第1位を獲得しました。

(※4)アサヒビール(株)調べ/対象:全国20〜50代男女/n=1,000/2018年4月実施。

参考:『アサヒ贅沢搾り』ブランドサイト

https://www.asahibeer.co.jp/zeitaku_s/

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。