ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2018年

2018年4月4日
アサヒビール株式会社

「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」
「明治150年 山口ゆめ花博」
デザイン商品新発売
〜アサヒビールは、山口県の活性化を応援します!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、「アサヒスーパードライ」と「クリアアサヒ」の2ブランドで、「明治150年 山口ゆめ花博」デザイン商品※を、山口県を中心とした全国で新発売します。

  • ※『アサヒスーパードライ「明治150年 山口ゆめ花博」』ラベル(中びん500ml)を4月23日(月)に、『アサヒスーパードライ・クリアアサヒ「明治150年 山口ゆめ花博」』デザイン缶(缶350ml×6缶パック)を6月19日(火)に発売します。

 山口県は、明治改元から150年という節目の年である本年、明治維新や日本の近代化を成し遂げた先人たちの「志」や「行動力」を未来につなげていくことを目的に、「明治150年プロジェクト『やまぐち未来維新』」として、その中核イベントとなる「山口ゆめ花博」をはじめ、さまざまな取り組みを展開しています。

 アサヒビール(株)は、山口県の「明治150年プロジェクト『やまぐち未来維新』」の理念に賛同し、また地域共生型の営業活動の一環として本デザイン商品を発売します。ラベルおよび缶体には、「アサヒスーパードライ」のロゴマークの下に、「山口県明治150年記念事業」と「山口ゆめ花博」のロゴマークをデザインしました。アサヒビール鰍ヘ、本デザイン商品が全国で話題を呼び、山口県に観光で訪れる方々のみならず、地元の皆さまにも親しまれ、山口県全体の活性化に貢献できることを期待しています。

■「山口ゆめ花博」について
 「山口ゆめ花博」は、「山口から開花する、未来への種まき」をテーマに、これまでの150年を振り返るとともに次の150年につなぐ場として、9月14日(金)から11月4日(日)までの52日間にわたり、「山口きらら博記念公園」(山口市)で開催されます。期間中は、花博の見どころである「咲き誇る1,000万の山口県の花」や「ナイトプログラム」、「県民参加型のプログラム」などを楽しむために、県内外から多くの観光客が訪れることが期待されます。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
「明治150年 山口ゆめ花博」
ラベル
アサヒスーパードライ
「明治150年 山口ゆめ花博」
デザイン缶
クリアアサヒ
「明治150年 山口ゆめ花博」
デザイン缶
容器・
容量
中びん500ml 缶350ml
販売予定
数量
約80,000本 約120,000本 約86,000本
発売期間 4月23日(月)
〜5月末までの予定
6月19日(火)〜7月末までの予定
製造工場 博多工場
販売地域 山口県を中心とした全国
  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。