*Firefox 87.0をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2021年

2021年3月19日
アサヒビール株式会社

磨きあげた純水で仕上げた、クセがなくすっきり飲みやすい味わいの焼酎
「大五郎」3月30日(火)パッケージリニューアル
〜10年振りのパッケージリニューアルで、さらなる飲用喚起を図ります。〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、焼酎甲類「大五郎」のパッケージデザインを変更し、3月30日(火)から全国で発売します。(中味の変更はありません)

 今回のリニューアルを機に、コロナ禍で広まった家飲み需要・健康意識の高まりに対し、焼酎の特長である「糖質・プリン体0」をパッケージデザインで新たに訴求し、より一層多くのお客様に日常的に気兼ねなく楽しんでいただけるブランドを目指します。

『大五郎』画像 画像クリックで高解像度画像
■『大五郎』について

  • ・ 1985年の発売以来、特に40〜50代の男性のお客さまを中心にご好評いただいている焼酎甲類です。
  • ・ 磨き上げた純水で仕上げています。クセがなく飲みやすく、すっきりしていて口当たりがよく飲み飽きない味わいです。
  • ・ ロックや水割りはもちろん、クセがないので、各種割り材との相性もよく、様々な飲み方を楽しめます。
■ラベルデザインのポイント

  • ・ ブランドの象徴である「大五郎」のロゴを中央に配し、金色を基調とすることで品質感や店頭での視認性の向上につながるデザインへリニューアルします。
  • ・ “すっきりとした味わい”を表す「すっきり純水仕上げ」は継続表記し、今回新たに焼酎が本来持っている機能価値である「糖質・プリン体0」を明記することで、お客さまに商品の特長をわかりやすく訴求し、飲用喚起を図ってまいります。

 また、昨年10月から「麦焼酎かのか PET 4L」で採用している、業界最軽量の取っ手付き4リットルPETボトルを今回のリニューアルから採用します。これまで使用していた容器より1本あたり31.5gのプラスチック樹脂を削減し、約22%の軽量化を実現しました。

※2020年9月リリース https://www.asahibeer.co.jp/news/2020/0914_2.html
業界最軽量の取っ手付き4リットルPETボトルを開発 プラスチック使用量を約2割削減し、CO2排出量を年間90t削減

【商品概要】

商品名 大五郎
品目 焼酎甲類
アルコール分 25% 20%
発売品種 PET 4L、2.7L、1.8L
発売日 2021年3月30日(火)
発売地区 全国
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。