*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

四国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 四国
TOP三津浜焼きの魅力食べ巡りmap三津浜周辺の魅力と観光名店一覧

八幡浜ちゃんぽんの魅力

人情港町のソウルフード1 八幡浜ちゃんぽんの特長

5つのポイント 愛媛のご当地麺の先駆けとして注目の八幡浜ちゃんぽん。長崎ちゃんぽんとは異なる特徴を持つことからも、八幡浜で独自に進化した過程をうかがい知ることができます。そこには、漁港を中心に栄えたこの地ならではの美味しさの秘密が隠されていました。

POINT1. 鶏ガラしょうゆをベースにしたあっさりスープ

長崎ちゃんぽんが豚骨ベースの濃厚な白濁スープであるのに対し、八幡浜ちゃんぽんは鶏ガラをベースにしたしょうゆ味の黄金色スープが特徴。鰹、昆布といった和風ダシを加えたあっさりとしたスープにスパイスが程よく利いており、スッキリとした味わいがウケています。ゴマ油を加えていたり、鯛やアサリから旨みをとっていたりと、店によって異なる味わいが楽しめるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

画像

POINT2. 八幡浜で獲れた魚介たっぷり

県内有数の漁港として有名な八幡浜だけに、ちゃんぽんのトッピングに魚介は欠かせません。エビやイカがスタンダードですが、中にはタコ、アサリ、ホタテ、ウチワエビなどを豪快に盛りつけて、定番のちゃんぽんとは別メニューとして提供しているお店もあります。魚介そのものの美味しさはさることながら、ちゃんぽんを作るときにスープと麺、魚介や野菜などのトッピングを合わせて炊き込むので、魚介の旨みがスープにしっかりと加わります。

画像

POINT3. 八幡浜の練り物をトッピング

近海で水揚げされた新鮮な小魚を用いて作られる水産練り製品は、八幡浜を代表する特産品。八幡浜らしさを表現するべく、薄くカットされたじゃこ天や蒲鉾が丼に彩りを添えています。蒲鉾とちゃんぽんは、まだ馴染みのある組み合わせですが、じゃこ天は珍しいのでは?魚のすり身を油で揚げたじゃこ天のジューシーな油の旨みがスープに溶け出し、独特の味わいがヤミツキになる人も多いといいます。

画像

POINT4. 野菜盛りだくさんで甘みを出して

八幡浜ちゃんぽんは、まずお鍋に野菜と豚肉などの具材を入れ、少量の油で炒めます。その中に鶏ガラしょうゆベースのスープを加え、玉ねぎやキャベツ、ニンジン、もやしなどの野菜の甘みをしっかりと浸透させることでまろやかに仕上げているのです。最初に油で炒めることにより、野菜の甘みをより引き立たせているのがポイント。また、野菜たっぷりのちゃんぽんはカロリー控えめで、ヘルシーメニューとしても注目されています。

画像

POINT5. 麺はもちもちの中〜太麺

特注で取り寄せているという中太から太めの中華麺を使用。八幡浜ちゃんぽんはあっさりとしたスープが特徴なので、スープをしっかりと受け止める太めの麺が良く合います。ラーメンと違ってお鍋の中でスープと麺を合わせるので、麺が程よくスープを吸い込み、モチモチとした食感が魅力。中には、極太麺を一度鉄板で焼いてからスープと合わせるお店もあり、香ばしさともっちり感を存分に味わえると評判です。

画像

魚介、野菜、練り物をお鍋に入れ、スープを加えてしっかり沸騰させることにより素材の美味しさがしっかりスープになじむ八幡浜の魚市場で仕入れる新鮮な魚介がたっぷりのちゃんぽんは観光客に人気八幡浜の魚市場で仕入れる新鮮な魚介がたっぷりのちゃんぽんは観光客に人気

その歴史 食堂、中華料理店、ホテル、居酒屋など、市内の幅広い飲食店で提供されている八幡浜ちゃんぽんは、今やソウルフードとして地元の人々に親しまれています。いつのまにか八幡浜の庶民の味として定着していたようですが、果たしてそのルーツとは?

八幡浜ちゃんぽんのはじまり、それは昭和23年創業の「丸山ちゃんぽん」であるといわれています。長崎や横浜といった全国の港町と同じように、八幡浜にも海を渡ってやってきたハイカラな文化。そのうちの一つであったちゃんぽんを、新しいもの好きな八幡浜の人々が地元の素材や食文化と融合させ、独自のちゃんぽんが完成したのです。地元の素材を使い、馴染みやすい味わいのちゃんぽんは、大衆食堂などのメニューとして増え始め、庶民の味として欠かせないものになっていきました。地元の人々にとっては小さい頃から当たり前のように食べてきた、まさにソウルフード。この味を「もっと多くの人に知ってもらいたい」という思いから、平成18年に「八幡浜ちゃんぽんプロジェクト」を設立。ちゃんぽんを提供する店は50店舗に迫る勢いです。

八幡浜ちゃんぽんのはじまりといわれている「丸山ちゃんぽん」の一杯「丸山ちゃんぽん」。素朴な店構えが八幡浜の町に馴染んでいる

個性派ちゃんぽんバリエーション

イタリアンちゃんぽん

「トマトパスタ?」と見た目にまずオドロキなのは、「カフェ クオーレ」のちゃんぽん。トマトを使用した真っ赤なスープ、野菜をじっくり煮込んだラタトゥイユをトッピングし、仕上げにチーズをふりかけた一品は、まさにパスタそのもの。かと思いきや、「麺は中華麺を使用し、スープも鶏ガラでとっています。和風のダシとトマトは合うんですよ」と店長。中華麺とトマトベースのスープがよく絡み、新食感を織りなしています。

画像

あんかけ風ちゃんぽん

「味楽食堂(江戸岡)」では、常連さんから「特チャン」の愛称で親しまれているちゃんぽんがあります。数年前、ご主人がまかないのつもりでチャンポンにアレンジを加えて食べてみたところ、美味しかったのでメニューに昇格したのだそう。スープにとろみをつけ、生卵を落としただけというシンプルなアレンジですが、まろやかさが格段にアップ。とろみしっかりのスープは麺との絡み具合が最高で、ヤミツキになりそうな美味しさです。

画像

キムチちゃんぽん

子どもからお年寄りまで幅広い世代のお腹を満たしている「愛花亭」では、ちゃんぽんの種類も1つではありません。シンプルなちゃんぽんにとんこつがきいた濃厚ちゃんぽん、そしてキムチちゃんぽんです。鶏ガラスープにキムチの辛みがマッチしたスープが食欲をそそると評判で、野菜たっぷりなのでヘルシーに味わえるのもポイント。ハーフちゃんぽんもあるので、おにぎりや唐揚げの付いたセットにするのもおすすめです。

画像
ページトップへ

人情港町のソウルフード1 はまってください八幡浜

Key person profile 伊藤 篤司 さん

八幡浜ちゃんぽんは町おこしの切り込み隊長! 八幡浜商工会議所青年部第25代会長を務めていた平成18年、「八幡浜ちゃんぽんプロジェクト」を発足しました。「八幡浜の町おこしを!」と考えながらちゃんぽんをすすっているときに話題に上ったのが“八幡浜ちゃんぽん”だったんです。「ちゃんぽんで町おこしができるのか?」という声もありましたが、2年目にはバイブルを発行し、PR活動に努めました。しかし、八幡浜ちゃんぽんはあくまでもきっかけ。今後は魚介や柑橘など様々な八幡浜の魅力を広くPRしていきたいですね。
伊藤 篤司 さん

Key person profile 菊池 史行 さん

八幡浜ちゃんぽんで切り拓く!子どもたちの明るい未来 私は現在の八幡浜商工会議所青年部会長として活動していますが、プロジェクトがスタートしたときからバイブルの制作等に携わっていました。平成19年3月28日をちゃんぽん記念日と定め、「八幡浜ちゃんぽん記念式典」を開催しましたが、その時に子どもたちにも参加してもらいました。元気に笑う子どもたちを見ていると、「この子たちのためにもがんばらねば!」と決意したことをよく覚えています。10年、20年後も八幡浜が愛される町であるように、八幡浜ちゃんぽんを通した町おこしに取り組んでいきたいと思います。
菊池 史行 さん

Key person profile 宇都宮 繁樹 さん

二代目ちゃんぽん係長が狙うは、全国的なPR! 平成24年度より二代目ちゃんぽん係長に就任しました。初代の取り組みを引き継ぎながら、特に力を入れているのはイベントへの参加。地元から県外まで、就任から8カ月で20以上のイベントに出店してきました。八幡浜ちゃんぽんを味わっていただくことはもちろん、ちゃんぽんを通じて八幡浜という町を知ってもらうことも大きな目的です。ゆるキャラブームに乗じて「はまぽん」の認知度も上がっていますから、彼のPR力も頼りに、わが町のソウル麺を全国に広めていきたいですね!
宇都宮 繁樹 さん

キャラクター紹介 “ちゃんぽん”と“チャンピオン”をかけた技ありキャラ誕生 平成22年7月、「八幡浜ちゃんぽん」をさらに盛り上げるべくキャラクター、デザイン・イラストの募集を行ったところ、全国各地から294点の応募がありました。ちゃんぽんプロジェクトを立ち上げた八幡浜商工会議所青年部をはじめ市内のデザイン業界の方々による選考会を実施し、最優秀賞が決定。八幡浜ちゃんぽんと“チャンピオン”をキーワードに、王様をイメージしたキャラクターです。八幡浜ちゃんぽんを手に持ってしっかりアピールしているだけでなく、縮れ麺風のマントを着けているところもポイントです。

おもちゃ箱宝箱八幡浜の町

-

どーや市場は新鮮な魚介類の宝庫

八幡浜市水産物地方卸売市場に隣接するどーや市場は、業者だけでなく一般客もOKの活気溢れる魚市場。近海で獲れる活魚や鮮魚が浜値でゲットできるとあって、地元はもちろん観光客にも大人気です。宅配便発送もできるので、お土産にいかが?毎日6時頃〜11時頃の開催で、土曜・月1回程度不定休あり。売り切れ次第終了なので、早めに出かけるのがオススメです。

どーや市場

-

-

国登録有形文化財の酒蔵 梅美人酒造

昔ながらの町並みに佇む、大正5年創業の梅美人酒造。敷地には、昭和3年に昭和天皇即位の御大典を記念して建てられたレンガ煙突が堂々と姿を見せています。蔵の建物の大部分は大正時代に建てられたもので、平成16年には釜場や煙突など敷地内の5ヶ所が国の有形登録文化財に指定されました。見学可能(要予約)。問合せ 0894-22-0312、営業時間9時〜17時、日曜休。

梅美人酒造

-

-

二宮忠八ゆかりの地!斐光園

少年時代から“空を飛ぶ”という夢を追い続けた二宮忠八。ライト兄弟が飛行実験に成功する12年も前に動力飛行機の飛行実験に成功するなど、日本の飛行機のパイオニアとして、その功績は今も語り継がれています。斐光園は、彼が私財を投じて設立した公園。園内に通じる飛行道路や鳥の丘、玉虫坂などの見どころを巡りながら、緑溢れる園内を散策してみては?

斐光園

-

-

明治の町並み

愛媛で最初の銀行や、四国で初めての紡績工場ができた町、保内。明治の町並みは、そんな産業の歴史を物語るどこか懐かしい趣に溢れた通りです。幕末から昭和にかけて建てられたアンティークな香り漂う擬洋風建築をはじめ、珍しいからみレンガの塀、慈眼庵青石の石垣などが残る町並みに身を置けば、当時にタイムスリップしたような雰囲気が味わえるはず。

明治の町並み

-

-

隆盛を極めた時代の遺産 旧白石和太郎洋館

保内町で鉱山経営を中心に財を成した実業家・白石和太郎が手がけた洋館を公開。この建物をはじめ、洋式の技術や意匠を取り入れ、贅を尽くして建てられた家屋が建ち並ぶ様は壮観。毎月第2・4日曜の10時〜16時は内部を見学することができます。喫茶やボランティアガイドも実施されているので、当時の雰囲気を味わいながらゆったりと過ごしてみませんか。

旧白石和太郎洋館

-

ページトップへ