*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

中国

地域・お店・工場見学トップへ

  • 中国
TOPへ府中焼きの魅力に迫る!府中焼きができるまで
CHAPTER3>府中焼きができるまで。
作り方1:記事を作る
作り方1:記事を作る

小麦粉を水で溶いた生地を、中心から円を描くように外へ薄く広げていきます。生地の中には、隠し味として、カツオ出汁やトロロ芋を入れているお店もあります。

作り方2:カツオ粉を載せる
作り方2:カツオ粉を載せる

生地の上に、さっとカツオ粉を載せていきます。鯖節の粉や魚粉を使うお店もあります。

作り方3:キャベツを入れる
作り方3:キャベツを入れる

手のひらいっぱいのキャベツを、生地の上に載せていきます。中に入れる野菜は、このキャベツのみ。

作り方4:天かすを載せる
作り方4:天かすを載せる

キャベツの上に、まんべんなく天かすを載せていきます。

作り方5:麺を載せる
作り方5:麺を載せる

麺(そばorうどん)をほぐし、具材の上に載せていきます。使用する麺は、手軽に使える茹で麺が多いとか。

作り方6:挽肉(ミンチ)を加える
作り方6:挽肉(ミンチ)を加える

挽肉(ミンチ)を載せていきます。使用する挽肉(ミンチ)は、お店によって牛ミンチ、豚ミンチ、合挽(牛と豚を混ぜた肉)を使い分けています。

作り方7:ひっくり返す
作り方7:ひっくり返す

ミンチ肉の上に、薄く生地をかけて、裏返します。

作り方8:形を整える
作り方8:形を整える

ミンチ肉のラードで、外側がカラッと焼けてきます。
へラを使って形を丸く整えます。

作り方9:卵をひく
作り方9:卵をひく

空いている場所で卵を割り、府中焼きと同じ大きさに広げ、府中焼きを上から載せ、卵が焼けたら最後にもう一度ひっくり返します。

作り方10:ソースを塗る
作り方10:ソースを塗る

形が丸く整ったら、ソースを薄〜く塗ります。足りない場合は、食べる時にお好みで塗ります。府中焼きの店では「カープソース」を使う店が多いです。

作り方11:できあがり!
作り方11:できあがり!

仕上げに青海苔を載せると、はいできあがり。