• はい
  • いいえ

 

アサヒの糖質講座

ちょっとしたコツで、上手に糖質コントロール!

糖質は、動いたり考えたりするための、とっても大切なエネルギー源。 炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素。
このうちの炭水化物から食物繊維を抜いたものが糖質です。
糖質はカラダを動かしたり、考えたりするための
エネルギー源となるとっても大切なもの。
ちなみに、タンパク質も脂質もエネルギー源になりますが、
まず使われるのが糖質なんですよ。

ABC HEALTH LABO 管理栄養士 ヘルスフードカウンセラー 板垣 好恵氏 管理栄養士、ヘルスフードカウンセラー1級の資格を持ち、食の面から「美容・健康」にアプローチできるレッスンやイベントの企画・運営など、多岐にわたる業務を担当している。

必要以上に糖質を摂り過ぎると、体脂肪としてカラダに蓄積!? カラダで使われなかった糖質は、体脂肪として蓄積されます。
蓄積された体脂肪は肥満の原因となり、場合によっては
生活習慣病を招くことも。
炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素を、
バランス良く摂るように心がけましょう。

カンタン! 低糖質の食材の選び方。 レタス、ほうれん草などの葉野菜、きのこ類、
お豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品は低糖質です。
フルーツの中では、アボカド、いちご、ラズベリーなどは
比較的糖質が少ない食材です。
野菜類でも、れんこんやごぼうなどの根菜類は意外と糖質が
多いので注意が必要。穀類の中でも、玄米や五穀米、全粒粉などは、
白いごはんやパンに比べ、糖質が少なめです。

カンタン! 低糖質の食材の選び方。 「糖質」と「糖類」の違いって?詳しくはこちら>

まとめ 糖質を上手にコントロールするコツ!

アサヒスタイルフリー アサヒスタイルフリー パーフェクト クリアアサヒ 贅沢ゼロ アサヒ オフ アサヒスタイルフリー アサヒスタイルフリー パーフェクト クリアアサヒ 贅沢ゼロ アサヒ オフ

疾病をお持ちの方は、主治医にご相談ください。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。