2020年5月15日
アサヒビール株式会社

茨城県内の地方公共団体への「高濃度エタノール」寄贈について

 アサヒビール株式会社(代表取締役社長 塩澤賢一)は、木内酒造合資会社(代表社員 木内洋一)が実施する「BREWERIES UNITE FOR IBARAKI」へ参画しています。本プロジェクトは、茨城県に工場を持つアサヒビールとキリンビール株式会社(代表取締役社長 布施孝之)が、新型コロナウイルス感染拡大防止策の外出自粛により、飲食店向けに製造した工場内在庫で出荷が見込まれないビールを木内酒造合資会社に提供し、同社八郷蒸溜所で手指の消毒に使える高濃度エタノールを製造いただくものです。本日、茨城県内の地方公共団体に高濃度エタノールを寄贈しました。

 アサヒビールは、「楽しい生活文化の創造」などをミッションとするグループ理念のもと、今後も地域社会への支援などに取り組んでいきます。

以上

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。