• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

Ste. Neige
サントネージュ
摘みたての贅沢
リラ
有機ワイン
ブリリア
梅ワイン柚子ワイン

このブランドの商品を購入する

Column

ぶどう畑通信

  • 山形(蔵王山麓)
  • 山梨(牧丘)
  • 北海道(余市)

バックナンバー

サントネージュワインのぶどうを作っている
山形・山梨・北海道から、毎月ぶどう畑の様子を報告します。

20184

〜蔵王山麓のぶどう畑から〜

2018年も宜しくお願いいたします。
長かった冬も終わり、農作業も本格化してきました。 今年は近年になく豪雪の冬でしたが、雪解けも近年になく早い年でした。周りの高い山には残雪が残っていますが、麓の山では雪が消え針葉樹の緑が映えています。
ぶどうの木の見た目は冬の姿ですけれども、ちょっと枝を切ってみると途端に樹液がポタポタと垂れてきます。根も活動を始め水分を吸い上げ芽出しの準備を始めています。
南果連ワイン部では、去る3月8日に平成29年度ワイン栽培者総会が行われました。我々栽培者の1年の区切りとして平成29年度を締めくくり、また新たな気持ちで平成30年のスタートを切る節目の会でもあります。例年より早い雪解けで、今現在の桜の開花予想は4月11日です。平年より1〜2日ほど早まっています。ぶどうも同様に生育が早いようです。
3週間もすれば芽が吹き出し、本格的に農作業が始まります。我々栽培者はあたりまえの作業をあたりまえに遅れず進め、秋の収穫を迎えたいと思います。
平成30年も山形より月々の移り変わりをお届けします。今年も良いぶどうをお届けするために努力を重ねてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

(山形・南果連ワイン部 部長 渡邉義仁)

〜牧丘のぶどう畑から〜

左:水上げしたシャルドネ / 右:畑入口の桜

例年より早く桜の開花の便りが届いています。これは休眠期の気温が低かったことによるものだと聞きました。ここ山梨県では3月23日でしたので、こちらも昨年より1週間早い開花となりました。
4月になると山梨県内でもいろいろなイベントが開催されます。戦国時代甲斐の国主であった武田信玄は県や甲府市によって歴史的観光資源となる郷土の象徴的人物として位置付けられるようになりました。武田信玄の命日にあたる4月12日に近い土日には武者行列「甲州軍団出陣」を目玉とした都市祭礼である信玄公祭りが開催されています。また牧丘のぶどう畑からも近い場所にある武田家の菩提寺の恵林寺では毎年4月12日に信玄公祭りが開催されています。
さてぶどう畑では、畑の入り口に象徴的に立っている桜の木の開花は、甲府市のそれに遅れること7日ほどで開花します。その後10日ほどでシャルドネが萌芽。それから1週間でカベルネ・ソーヴィニヨンと、いよいよ忙しい季節を迎えることになります。
ぶどう畑も満株に近い植栽面積となり、素晴らしいぶどうがより多く収穫されることになるでしょう。今年も期待していてください。今年のステージも水上げ(養分の流動)したことにより始まりました。順調です。
あっ忘れてはいけないのが北海道余市と山形かみのやまのぶどう畑です。余市では5月に約5,000本の苗を定植。かみのやまでは昨年からソーヴィニヨン・ブランも仲間に入り、私たちのやるべきことは多くなりました。ただ楽しみな忙しさはいくらあっても良いものです。心地よい疲労感と大きな達成感を妄想しながら4月となりました。
冒頭に述べたように山梨県はとても素晴らしい景観の季節になりました。お越しの際はぶどう畑にも是非お越しください。

(山梨:宮川養一)

〜余市のぶどう畑から〜

3月14日の雪景色

3月の声を聞いて、真冬のもっとも寒さ厳しい時期は過ぎたものの、いまだに余市町内の道路わきには雪の壁が点在しています。
ニッカウヰスキーの北海道工場内も、メインの見学者通路や建物の屋根などに積もっていた雪はすっかり消えましたが、道路脇や建物の間にはまだ多くの雪が堆積しています。
降雪はまだ終わったわけではなく、3月下旬にも雪の予報が出ています。
本州では各地の桜の開花速報も出て、桜前線が北上しようとする中、余市では雪が降るのです。
今年は例年より積雪が多いとされ、写真の通りいまだに我がぶどう畑では、1m以上の積雪となっています。
これでも先週の、雨でだいぶ溶けた状態です。
まだまだ春の訪れはだいぶ先と言えるでしょう。
今年の植樹は、5月8日からを予定しており、まさかそれまでには雪がすべてなくなっていると信じたいですが、万が一植樹に支障が出るようならそれまでに除雪作業をしなければならなくなります。
大変な作業になりそうなので、それまでに雪が消えてなくなることを切に願います。
例年であればその時期には雪はすっかり消えているはずなんですが、なにせ今年は雪が多い年でしたので、少し心配しています。
これから植樹に向けて、苗の準備、畑の準備と進めてまいります。
なにぶん初めての仕事ばかりなので、多少の不安はありますが、スタッフの知恵と力を集めて、無事に植樹を終えられるよう努力してまいります。

(サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード 西川)

バックナンバー

ページの先頭へ

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。