ボージョレ・ヌーヴォ
現地レポート

アサヒビールがおすすめするアンリ・フェッシ醸造責任者、
ローラン・シュヴァリエから届いたボージョレ・ヌーヴォの作柄情報をお届けします。

アンリ・フェッシについて

最新号

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート解禁メッセージ

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート解禁メッセージ

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート10月号

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート10月号

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート7月号

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート7月号

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート6月号

2020 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート6月号

1888年の創業以来、130年にわたり手摘み収穫と伝統的な醸造方法にこだわり、上質なボージョレワインを造りつづけているアンリ・フェッシ。
同社の高品質なボージョレワインは、パリのブラッスリー(洋風居酒屋)をはじめ、フランスやイギリスの高級ホテルやレストランでも人気を博しています。
2008年、「コルトンの帝王」と称されるブルゴーニュの巨匠ルイ・ラトゥールの傘下となり、さらなる発展を遂げ、その名声は世界中に急速に広まりつつあります。今や世界30カ国以上の国々で愛飲されており、今後も伸びゆく有望なボージョレワインメーカーであるといえます。

アンリ・フェッシ醸造責任者 ローラン・シュバリエ氏

感性と知性を兼ね備えた彼の卓越した能力により、2009年、アンリ・フェッシ醸造責任者に抜擢されました。ぶどう本来の資質を尊重し、シンプルな醸造を心掛けつつ、アンリ・フェッシが志向する「テロワールの特徴を最大限活かし、ソフトなタンニンと豊かな果実味を引き出すことに主眼を置いた、しなやかなワイン造り」を忠実に具現化しています。就任以降、国際的なコンクールなどで多数入賞を果たしている実力派の醸造家です。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。