EARLY TIMES KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKY 長く愛されてきた味わいのバーボン EARLY TIMES KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKY 長く愛されてきた味わいのバーボン

時代を開く者たちに

誕生以来、アメリカに息づく開拓者魂と共に、
このバーボンウイスキーは歩んできた。
蒸気機関の時代に始まり、エレクトロニクス、
情報技術へと社会が進化を遂げる中にあって、
いつの時代も多くの無名な開拓者とともに
アーリータイムズはいる。

アーリータイムズの誕生

〜開拓者の良き友として〜

1860年、南北戦争の前年にケンタッキー州に設立された蒸溜所は、”Early Times Method”(昔ながらの製法)でウイスキーを造るという信念の元、アーリータイムズ蒸溜所と名付けられた。
また、アーリータイムズには「開拓時代」という意味もあり、創業当時のフロンティアスピリッツへの思いも込められている。
この伝統に忠実なウイスキーは、激動期にあったアメリカの開拓者たちの良き友として、常にその傍らに在り続けたのだ。

禁酒法時代

〜信念の男、サールズ・ルイス・ガスリー〜

アーリータイムズ蒸溜所は、1920年に禁酒法が施行されたことにより、その他の蒸溜所同様、存亡の危機に瀕する。しかし、従業員であったサールズ・ルイス・ガスリーがブランドを守るべく意を決して私財を投げ打ってアーリータイムズの商標権、在庫を買い取り、秘密の倉庫にウイスキーを隠すことで、伝統を途切れさせなかった。
その後、医師が処方する薬用ウイスキーとして認可されたことで、例外的に広く飲まれるようになり、アメリカ国内でも有数の販売数を誇るバーボンウイスキーとなった。

現代のフロンティアスピリッツとともに

〜長く愛されてきたバーボンの決定版〜

そして現在、アメリカ国内だけでなく世界でも愛されるブランドとして、アーリータイムズは在り続けている。アーリータイムズが、時代を超えて愛されてきた理由のひとつは、アメリカの激動期に誕生し、その開拓者精神を常にたたえてきたからかもしれない。
「開拓者の良き友として」誕生したアーリータイムズは、世界中の人々に愛されているロングセラーバーボンとして、これからも現代のフロンティアスピリッツとともに生き続ける。

何世代もの時を超え、
人々に愛されてきたアーリータイムズ。
イエローとブラウンの2つのラベルは、
それぞれ個性的な香りと味わいを持ち、
ロングセラーバーボンとして今も生き続けている。

Yellow イエローラベル

伝統を守り続けるクラシックな
バーボンウイスキー。
ライトな口当たり、
甘い香り、
キレのいい後味を持つ
ロングセラーバーボン。
活性炭で濾過することで、
熟成中にできた不純物を除去し、
より磨かれたスムースな
味わいを楽しめる。

Brown ブラウンラベル Brown ブラウンラベル

イエローラベルの原酒に
マスターブレンダーが厳選した
ブラウンラベル専用の原酒をブレンド。
通常の濾過に加え、ピートを
ベースにした活性炭の濾過を
さらに行うことで、香りは強く、
味はまろやかに。
オークの香りと
コクの深みが際立つ、
華やかで
繊細な味わいのバーボン。

商品ラインアップ 商品ラインアップ

Page top

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。