• はい
  • いいえ

@

第12期 アサヒ若武者育成塾 参加校決定! 詳しくはこちら

地域のリーダーを育成する高校生向けワークショップ若武者育成塾

若武者ブログ 最新の投稿

若武者ブログでは、若武者育成塾に参加している高校生による、地元での活動の報告や、得られた気づきなどの投稿を行っています。また事務局からのお知らせもコメントを掲載しています。

こんにちは、大島高校のむっこです!
期末試験がおわりました、ようやく成果発表会の準備に全力をそそげます

応援してくれる仲間たちが、当日配布する資料作りと缶バッジづくりを手伝ってくれました。
バッジは100個限定です、成果発表会で配布して、ちゅバッジでちゅばき発信をします。

資料は、ぼくたち大島高校の活動と、伊豆大島の椿のことを知ってもらいたいという思いで若武者育成塾の地元の活動中に関係の方々に記事にしていただいたものをまとめました。

表紙は12classという雑誌で11月にこの活動を通じて広がった連携先です。
12月23日に発行されるものですが、特別に許可をいただきました。

発表の練習はほとんどできてませんが、つみあげてきた活動内容の量と質は自信があります。
全国のみんなの素晴らしい発表も楽しみです。

当日ベストを尽くせるよう、あと3日間がんばります。

171214大島2①.jpg
みんなでバッジと資料づくり

171214大島2②.jpg
資料と缶バッジはこんな感じです

171214大島2③.jpg
最後の仕上げ

171214大島2④.jpg
ちゅバッジ 

171214大島2⑤.jpg
12class  12月23日発行予定 発行元 NPO法人kichi 

171214大島2⑥.jpg
伊豆大島では椿が咲いています 

  • ちゅばき発信 準備完了!!

  • 東京都立大島高等学校

  • 2017.12.14

  • こんにちは、大島高校のむっこです!期末試験がおわりました、ようやく成果発表会の準備に全力をそそげます応援してくれる仲間たちが...

  • 続きを読む

どうも、大島高校のずーしーです。
期末試験がおわりました。明々後日は成果発表会です。

準備をしないといけないのですが
絶好の炭焼き日和(風がなく、寒い、乾燥した晴天)
だったので、2年生を待っている間に炭を焼きました。

以前に伐採したヤブツバキの幹や枝を使います。
一斗缶に詰めて酸欠状態をつくり高温で一気に焼き上げます。
温度は1000度近くまであがります。

これで一晩おいて、明日の午後取り出します。
もしうまく焼けたら、成果発表会にもっていきます!
お楽しみに!

171214大島①.jpg
一斗缶に詰めます 大島も今日は寒いです

171214大島②.jpg
燃し穴にセットします

171214大島③.jpg
ユンボで材を追加していきます。
操作してるのは自分(ずーしー)です。

171214大島④.jpg
温度は900℃を超えます、日焼けします 

171214大島⑤.jpg
小一時間燃やした状態 

以前自分が作ったもの
171214大島⑥.jpg
冬休みに専門機関で成分分析をしていただきます

椿炭ホウレンソウの生育状況
171214大島⑦.jpg
年明けくらいには収穫できそうです。左端の椿炭が一番生育良好な感じです。

  • ちゅばきの炭焼き

  • 東京都立大島高等学校

  • 2017.12.14

  • どうも、大島高校のずーしーです。期末試験がおわりました。明々後日は成果発表会です。準備をしないといけないのですが絶好の炭...

  • 続きを読む

どうもずーしーです!

12月12日に、10月まで特命全権大使としてポルトガルに赴任されていた外務省の東博史氏が、椿油で連携している(株)椿の日原社長と共に本校にお越しになりました!

171213大島①.jpg

この機会に 私たち3人で椿ガイドをさせていただきました。

171213大島②.jpg

171213大島③.jpg

ポルトガルは日本が最初に出会った西洋の国。
そしてポルトガルにツバキがあると知り驚きました。
私たちのガイドも大変喜んでいただき、これからも頑張って伊豆大島の魅力を発信していってください!と、お褒めの言葉もいただけました!

椿は、大島から国内だけでなく、世界に通じるものだ、ということを改めて感じました。

東氏のお気持ちに応えられるよう、これからもしっかり頑張っていきたいと思います。


 


  • 椿園をご案内!!

  • 東京都立大島高等学校

  • 2017.12.13

  • どうもずーしーです!12月12日に、10月まで特命全権大使としてポルトガルに赴任されていた外務省の東博史氏が、椿油で連携してい...

  • 続きを読む

若武者ブログTOPへ

アサヒ若武者育成塾について

「アサヒ若武者育成塾」は、積極的に地域活性化に取り組もうとする意思のある高校生を対象としたプログラム。約半年間に及ぶ活動を通し、自ら地元地域の環境・食の課題を考え、周りを巻き込みながら解決に向けて行動する、志の高い地域のリーダーを育成することを目的としています。

本事業は、文部科学省主催の平成26年度青少年の体験活動推進企業表彰において、文部科学大臣賞を受賞しました。また環境省主催の環境人づくり企業大賞2015において奨励賞を受賞しました。

  • 特徴1 仲間と切磋琢磨 全国から選抜した高校生を集め、「アサヒの森」(広島県)で夏合宿。体験学習を通して環境・食の問題を学ぶとともに、全国の仲間とつながります。
  • 特徴2 社員が成長サポート 応募から成果発表会まで約半年間、アサヒグループ社員が推進役として高校生の活動へアドバイス・サポートします。
  • 特徴3 継続的な行動力 合宿後、地域にもどって活動を続けることで、課題解決に向けた行動力や周りを巻き込む力を養います。
  • 特徴4 情報発信力を育む 夏合宿や成果発表会でのプレゼンテーションを通し活動内容を広く知っていただくための情報発信力を身につけます。

NPO・専門家の皆さまにもご協力いただき、本プロジェクトの長期間の活動を通じて、社会の課題と向き合い、解決する力をつけた、「若武者」の育成に取り組んでいます。

若武者育成塾の体制はこちら

アサヒ若武者育成塾の活動の流れ

「アサヒ若武者育成塾」では、環境・食の課題をテーマとした論文を募集します。選抜された高校生たちは、「アサヒの森」を中心に夏合宿で研修を受け、自らの地域での活動計画を立てます。その後、各地域で課題解決に向けた活動を続け、 12月の成果発表会で活動の成果を発表、最終審査に臨みます。

  • 5月~6月
    論文募集期間 「地域の環境・食の課題」をテーマとした論文を募集。
  • 7月
    審査結果発表 論文を審査。チームを選出。
  • 8月
    合  宿 合宿での経験を元に地域での活動計画を作成。
  • 8月~12月
    地域での活動 活動計画の実践。地域を
巻き込んでの活動を行う。
  • 12月
    成果発表・審査 地域での活動結果を発表。

最新の活動から流れを知る

過去の活動報告



すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。