本文へジャンプ

ここからグローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

環境・社会貢献

ここから本文

水使用量の削減

水資源保全の基本的な考え方

アサヒビールは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。特に水資源の利用については重要視しています。
国内ビール工場での水の使用効率を高めて使用量の削減を進め、使用する水の100%還元(ウォーターニュートラル ※1)に取り組みます。
工場ではタンク・配管などを洗浄・殺菌する水の使用量削減や、工程からの回収水や膜処理水の有効利用に取り組んでいます。

水資源

※1 ウォーターニュートラルとは、水資源の使用量削減と水資源の保護による補填などを組み合わせることで、使用する量と同等量の水を自然に還元する取り組みです。

水使用量・原単位の推移(アサヒビール全工場)

水使用量・原単位の推移(アサヒビール全工場)

 1990年2014年2015年2016年2017年2018年
製造量2,137千kl2,179千kl2,194千kl2,194千kl2,155千kl2,036千kl

アサヒビール全工場のビール類製造に係るデータとしています。

水処理設備

神奈川工場

神奈川工場

神奈川工場

四国工場

本文終わり

ページトップへ


ここからフッター

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

フッター終わり